· 

鰹節削り器づくり教室in横浜(8月24日)

午後になって台風の影響の雨も収まって、講師の岩出信彦先生も無事に横浜市長津田地区センターに到着されましたので、第1回目となる鰹節削り器づくり教室in横浜を午後2時からスタートしました。

金曜日の平日ということもあってなかなか参加者が集まりませんでしたが、川崎から1組の親子での参加を頂きました。

 

 

作り手は9歳の女の子ですが、お母さんの力を借りずひとりで玄能を使って1本1本丁寧に釘を打ち込んでいきました。1本だけ曲がってしまったのでのぶちゃん先生の力をお借りしましたが、すべての作業を自分の力で作って鰹節削り器完成!!

後半は、いよいよ楽しみにしていた鰹節(本節)の削り方をのぶちゃん先生に教えて頂く時間です。

のぶちゃん先生から鰹節の材料となる鰹のことについて説明を聞いた後、最初にお手本となる削り方を教えて頂いてから初めて鰹節を削る体験を参加者全員で実践してみました。皆さん、夢中になって試し用の鰹節を削っていました。

削ったばかりの鰹節を食べて、新鮮な美味しさに驚きました。(顔が笑顔になりますね!)

 

参加されたお母さんも完成した鰹節削り器を手に取って大変喜んで頂きました。

これからは、この鰹節削り器で削った削り節を使ってお出汁をとって味噌汁をつくったりするということでした。

家族の食卓を豊かにしてくれそうですね。

 

今回の鰹節削り器づくり体験教室を通して、鰹節削り器という消えてしまいそうな家庭の文化を親子で一緒に作ることで家庭の中の大切なアイテムになると思うことが出来ました。

参加者の集まりは私の力不足で少なかったですが、その分のぶちゃん先生からいろいろなお話を伺いながら楽しく作ることが出来ました。

講師を務めて頂きました岩出先生には本当にありがとうございました。

 

次回は未定ですが、開催したいと思います。皆さんの参加をお待ちしています。