◎2015年11月1日(日)に足柄キンタロウ学校・グリーンウッドワーク出前講座を丹沢湖畔の落合館前で行います。

昨年、初めて活動フィールドの山北町三保地区で出前講座を行いました。近隣の子どもたちや観光で来られたご家族の方も親子で参加されて大変好評でした。今年もやります!

●日時:平成27年11月1日(日) 09:00~12:00頃まで

●場所:丹沢湖畔の旅館落合館

●参加者:子ども(小学生以下)、親子で参加可。

     体験用のスペースが小さいため一人ずつの体験となります。

●参加費:無料


グリーンウッドワークがどんな体験が体験しに来てください。お待ちしています。


[お問い合わせ先]

  足柄キンタロウ学校事務局(NPO法人足柄丹沢の郷ネットワーク内)

     担当(フクシマ)携帯:090-6106-0974

             E-mail:m.fukushima@sea.plala.or.jp 


◎2015年10月31日(土)足柄キンタロウ学校・グリーンウッドワーク講座「間伐材を伐って削って指輪づくり体験in松田町」開催のご案内!

今年も水源地山北町の間伐材を使って、水源の森林を考えるものづくり体験活動を神奈川県西部の松田町で行います。自分で作ったオリジナルの木の指輪を作ってお母さんや大好きな人にプレゼントしてみよう!

 

〈体験活動名〉

●「間伐材を伐って削って指輪づくり体験」

〈スケジュール〉

■日時:平成27年10月31日(土) 9:30~16:00

    ※雨天決行です。(子どもの館内で開催します)

■場所:松田町西平畑公園子どもの館

■対象:小学生(親子での参加も可能)

■募集人数:約親子10組(子ども10名、午前・午後各5組ずつ)

■参加費:無料(ボランティア傷害保険は主催者で負担し加入します)

■申込み締切日:10月20日(火曜日)

 

■お問い合わせ先

  足柄キンタロウ学校事務局(NPO法人足柄丹沢の郷ネットワーク内)

    担当(フクシマ) 080-6106-0974

    E-mail:m.fukushima@sea.plala.or.jp

   

ダウンロード
足柄キンタロウ学校グリーンウッドワーク講座in松田町
10月31日(土)開催の足柄キンタロウ学校・グリーンウッドワーク講座の案内チラシです。
2015グリーンウッドワーク.pdf
PDFファイル 1.5 MB

◎2015年8月22日・足柄キンタロウ学校・グリーンウッドワーク講座in横浜若葉台活動報告

今夏も足柄キンタロウ学校・グリーンウッドワーク講座を横浜市旭区若葉台小学校で開講いたしました。若葉台小学校での開講も3回目となり少しずつものづくりに没頭する楽しさが伝わっているように感じています。今年もどのような感想を持って頂けるかと言う期待感をもって開講をしました。

午前9時の受付と同時に最初の体験者の子どもたちが集まってきました。昨年体験したよと云う子どもや初めてという子どもいて、今年初めて取り組む「森の色鉛筆づくり体験」を早くしたいという子どももいます。そんな子どもたちや保護者の方も見学しながら体験活動がスタートしました。

最初は、講師の方やNPOスタッフの紹介です。講師は岐阜県美濃市から来て頂きましたNPO法人グリーンウッドワーク協会の小野さん、加藤さんを紹介して一年ぶりの子どもたちも再会を喜びました。次に主催者のスタッフを紹介した後に間伐材のことについてお話をしました。横浜市の水源地のひとつ山北町の丹沢湖周辺の森から伐採してきたことと、切った樹木の種類についてもお話をしました。ほとんど知らない樹木ばかりです。

そんな水源地の樹木を使って伐ったり削ったりして指輪や森の色鉛筆を作りました。

ひとりひとりオリジナルの指輪を作り、初めて作る森の色鉛筆づくりに夢中になって3本も作ったり、子どもたち皆がいつの間にかものづくりの楽しさに夢中になっている姿は腰の方もスタッフも保護者の方も皆うれしく感じたことだと思います。

何より子どもたちから「楽しかったよ!」といって講師の方にお礼を言ってくれて無事に体験活動を終えることが出来ました。


○8月22日(土)の足柄キンタロウ学校体験活動は申込みが定員に達しましたので募集を締切りました。

 足柄キンタロウ学校・グリーンウッドワーク講座「間伐材を伐って削って指輪づくり&森の色鉛筆づくり体験」の申込み人数が定員に達しましたので募集を締切りました。多くのお申込みを頂きありがとうございました。今年も10月31日(土)に松田町西平畑公園子どもの館でもグリーンウッドワーク講座の体験活動を行いますので、申込みをお待ちしています。ありがとうございました。


◎足柄キンタロウ学校・グリーンウッドワーク講座「間伐材を伐って削って指輪づくり&森の色鉛筆づくり体験」

今年も水源地山北町の間伐材を使って、水源の森林を考えるものづくり体験活動を行います。自分で作ったオリジナルの木の指輪や森の色鉛筆を作ってみよう!

 

〈体験活動名〉

●「間伐材を伐って削って指輪づくり&森の色鉛筆づくり体験」

〈スケジュール〉

■日時:平成27年8月22日(土) 9:30~16:00

    ※雨天決行です。(ピロティまたは屋内で開催します)

■場所:横浜市旭区 若葉台小学校ピロティー

■対象:小学生(親子での参加も可能)

■募集人数:約親子10組(子ども10名、午前・午後各5組ずつ)

■参加費:無料(ボランティア傷害保険は主催者で負担し加入します) 

 

■タイムテーブル(予定)

・9時30分:小学校ピロティーの会場で午前の部の受付を始めます。

・9時50分~10時00分:講座開講の挨拶。オリエンテーション、体験活動の説明

・10時00分~12時00分:午前の部の指輪づくり&森の色鉛筆づくり体験

・12時00分~12時30分:昼食

・12時30分~12時45分:午後の部の準備

・12時45分~13時00分:午後の部の受付を始めます。

・13時00分~13時10分:午後の部開講。挨拶、オリエンテーション、体験活動の説明

・13時15分~15時00分:午後の部の指輪づくり&森の色鉛筆づくり体験

・15時00分~15時20分:参加者とスタッフで感想とふりかえり。

・15時20分~16時00分:清掃、後片付け。解散帰路。

 

■もちもの

名札(会場でお渡しします)、汚れてもよい服装、タオル、飲み物、靴は運動靴など動きやすいもの(サンダルはダメ×)、常備薬(必要な方)、軍手は用意します。 

■注意点

・お車で来られる場合は、事前に事務局までご連絡ください。

・貴重品の管理は各自でお願い致します。

・体験活動の場所は、禁煙です。

・電車でお越しの方は、JR横浜線十日市場駅下車、23系統のバス路線に乗車して「若葉

 台車庫前」で下車してください。そこから徒歩2,3分で会場に着きます。

 

申込方法(フォーム)

 お申し込みは、参加申込をされる方の①お名前②学年③保護者の方のお名前④住所

 ※1⑤連絡先電話番号を記入の上、下記の足柄キンタロウ学校事務局のFAX若しくは

 E-mailに送付してくださるか、申込みフォームからお申込みください。

 ※1お書き頂いた個人情報については、本事業に関する範囲内で当該NPO法人から情 

 報を郵便・電子メールでお送りさせて頂く場合があります。

 

■足柄キンタロウ学校事務局(NPO法人足柄丹沢の郷ネットワーク内)

 電話番号:080-6106-0974(担当)

 FAX番号:045-511-7568

 E-mai:m.fukusima@sea.plala.or.jp

 

■申込締切日

・8月17日(月)(定員に達し次第締め切ります。)

 

皆様からのお申し込みをお待ちしております。

 

※この活動は、「平成27年度子どもゆめ基金」の助成を受けて行っております。

 

 

 

  

 

 

 

 


●平成27年度子どもゆめ基金助成採択を頂きました!

【採択活動名】

 ①活動名:足柄キンタロウ学校グリーンウッドワーク講座

      「間伐材を伐って削って指輪づくり体験」

 ②活動名:足柄キンタロウ学校山里の暮らし講座

      「薪割りと釜炊きごはんづくり体験」


 現在、開催日を調整中です。開催日程など詳細が決まりましたらHPやチラシ、市民活動支援窓口や掲示版などで告知させて頂き参加者を募集します。今年も子ども達と一緒に安全に楽しく体験し学びたいと思います。(^<^)




●平成26年度 足柄キンタロウ学校・グリーンウッドワーク講座「間伐材を伐って削って指輪づくり体験8月23日」活動報告(子どもゆめ基金助成活動)

 8月23日に平成26年度子どもゆめ基金助成活動を横浜市旭区若葉台で開催しました。

 

・事業名 『足柄キンタロウ学校・グリーンウッドワーク講座「間伐材を伐って      削って指輪づくり体験』

・助成   平成26年度子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機      構)

・共催 横浜市若葉台小学校PTA

・協力 特定非営利活動法人 グリーンウッドワーク協会

 

 

当日は、雨模様のスタートとなりましたが、NPOスタッフやボランティア、グリーンウッドワーク協会の方、PTAの方の応援を頂いて準備を行いました。

今回使用する間伐材は、横浜市の水源地のひとつでもあります山北町の水源地の森林から伐採した広葉樹の樹を使用します。

 

午前中に参加した子どもたちとのオリエンテーションでは、子どもたちの自己紹介の後、主催者と今日指輪づくり体験を指導して頂ける講師のNPO法人グリーンウッドワーク協会の小野さんと加藤さんを紹介して体験活動がスタートしました。今回の体験の前に是非子どもたちに知って欲しいことがありました。それは自分たちの飲んでいる水道水の水源地はどこですか?と言うことです。子どもたちからは思ったようにみんなが道志村と答えました。そこで主催者から「道志村も横浜市の大切な水源地のひとつだけど、他にも水源地があるんだよ。県西地域を流れる酒匂川の源流域にある山北町の三保ダム(丹沢湖)周辺も横浜市の大切な水源地なんだよ。今日はそんな三保地区の玄倉という地域の森から木を伐ってきました。ひとつ大切なこと覚えたね」と子どもたちに話しました。

 

今回は初めて参加する子どもいれば、昨年も体験講座に良かったと思って参加してくれた子どももいました。

指輪づくりでは、初めて使う道具が多く、子ども達は真剣に講師の話を聞いて指導のもと真剣削って加工していました。指輪の形が出来上がると焼きペンを使って飾り付けを行います。焼きペンも使ったことが無いので注意しないといけません。注意しながらも触ってしまう子どもさんがいるのでスタッフも注意して指導します。中にはお母さんにプレゼントするんだと言って色々と悩んで作っている子どももいました。そして出来上がった指輪をカメラの前にかざす子ども達には今回も素晴らしい笑顔がありました。

 

(写真の無断転用は禁じます。)