●少し早いですが8月のワークショップをお知らせ致します。

 8月に予定しているワークショップがありますのでご紹介いたします。

 ・8月24日(金)のワークショップ

   「のぶちゃん先生のかつお節削り器づくり教室」

   日時:8月24日午後

   場所:横浜市緑区の地区センターを予定しています。

   参加費:7千円を予定しています。

 

 詳細は、2ヶ月前になりましたら再度ご案内致します。

 親子での参加も大丈夫です。

 


●2018年5月の森林ボラ活動は、5月29日(火曜日)を予定しています。

 5月に入り暑い日が続いていますが、5月29日に薪づくり作業と風倒木の撤去作業を行います。

午前中は薪づくり(玉切り)作業を行い、午後は風倒木の撤去作業(チェーンソーを使って玉切る作業)を予定しています。風倒木は、昔境界木として植えられた桐の木です。植栽してから50年以上の年輪を重ねた樹木ですが、春の風雨で倒れたそうです。それでも山主さんは、今まで強風や大雨でも倒れなかったのにと、集落周辺の山が荒れていることに心配をされていました。

当初28日(月曜日)を予定していましたが、神奈川県の林業研究グループの勉強会に参加するため29日変更しました。よろしくお願い致します。


●2018年最初の森林ボラ活動は4月19日(木)の薪づくり作業。

 昨年度まで間伐し搬出した材をチェーンソーで伐ったり、薪割する作業を少しずつ行います。

今年最初の森林ボラ活動は、4月19日(木)に玄倉に玉切りして置いてある間伐材を薪用の長さに伐って運搬する作業を行います。今年は間伐材の活用についても頑張っていきたいと思います。

 

 


●告知!来年度は、暮らしのものづくり活動・グリーンウッドワークを本格的に行って参ります。

西丹沢の森で森林整備のボランティア活動を行っている中で放置された雑木林を多くみます。昔は焚き木や炭・薪など暮らしの中で活用されていたと思いますが、今では暮らしの中で使われることはほとんどありません。NPOではそんな使われなくなった森の木を使ってグリーンウッドワークの暮らしのものづくりを来年度から本格的に行っていく準備をしています。例えばゴッホの椅子づくり、お椀やお皿づくり。大人も子どもも体験できる色えんぴつづくり、木のおもちゃづくり、指輪づくりなど楽しくて学びにもなる。森の木を使うことで森の整備や保全にもなって山村集落のお役にも立てる。そんな取り組みを県西地域や横浜で行って参ります。日程が決まりましたらホームページやSNSで告知します。来年度も楽しみながら森と関わっていきたいと思います。


●2月8日は、玄倉の活動拠点の小屋周辺の草刈り作業一日やります!

山北町玄倉にありますNPOの活動拠点の小屋。しばらく草刈りしていなかったので草がぼうぼうと茂ってボウボウの状態。春からの「森林ボランティア活動」と「暮らしのものづくり活動」、「鳥獣対策駆除で捨てられるシカ皮(革)を活用した活動」を前に小屋周りの草刈りと小屋の空気の入れ替えと掃除を行います。まだまだ寒し日が続きますが草刈り作業で暖まろうと思います。

 


●平成30年1月最初の森林ボランティア活動のご案内

(活動内容:玉切りした間伐材の運搬作業)

平成28年度に間伐し搬出した間伐材を薪ストーブの薪材として利用するために、薪ストーブを導入されているお宅にお届けする作業を1月に行います。日程やタイムスケジュールは未定ですがお手伝い頂けるボランティアに興味のある方は下記までメールでご連絡ください。

よろしくお願い致します。活動場所は、丹沢湖がある山北町玄倉です。

 当日の詳しい内容は、担当までメールでお問合せください。

 

  ○連絡先:足柄丹沢の郷ネットワーク 事務局(福島)

       電子メール:pm.fukushima@sea.plala.or.jp

       連絡先:080-6106-0974

 

 


平成29年度子どもゆめ基金助成活動「足柄キンタロウ学校グリーンウッドワーク講座「間伐材を伐って削って森の色鉛筆づくり体験」8月19日行います。

 今年も夏休み子ども体験活動として水源地山北町丹沢湖周辺の森の間伐材を使ったグリーンウッドワーク体験講座を行います。内容は、広葉樹の生木を使って自分だけの色鉛筆を作ります。お父さんやお母さんと一緒に体験してみませんか。年長組さんから小学生が対象となります。

NPOスタッフやグリーンウッドワーク協会の講師の方たちと一緒に安全で楽しいグリーンウッドワークを体験しましょう。参加をお待ちしています。

 

●日時 平成29年819日(土) 09:20~16:20

●場所 横浜市長津田地区センター

〒226-0026 横浜市緑区長津田町2327
交通 長津田駅(JR・東急)から徒歩7分
電話 045-983-4445

※駐車場がございませんので、電車・バスなど公共交通機関をご利用してお越しください。

●対象 小学生以下(年長から小学生3年生以下までの方は親子で。)

●募集締め切り:平成29年8月10日(定員になり次第締め切ります。)

●申込先

 NPO法人足柄丹沢の郷ネットワーク事務局 080-6106-0974(担当)

              電子メール:m.fukushima@sea.plala.or.jp

 

●本事業は、平成29年度子どもゆめ基金の助成を頂いて実施しています。

 


今年最後の森林ボランティア活動(定例活動)のお知らせ

平成30年も残り少なくなってきました。

今年一年お世話になった森や集落の皆さんに感謝を込めて、今年最後の定例の活動を

以下のとおり行います。

西丹沢の森で森林ボランティアをやってみたい方の参加も受付しています。

 

【活動日】平成30年12月26日(火曜日) 10:00~15:30

【活動内容】

   ①風倒木、枯損木の処理

   ②台風で折れた枝の処理

 

【お問合せ先】

  NPO法人足柄丹沢の郷ネットワーク 事務局(担当フクシマ)

    TEL:080-6106-0974

    E-mail:ashitan.net@gmail.com

   

 

0 コメント

12月15日(土)グリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座「ニマ風の器づくり体験」まだまだ募集しています。

今回、初めてニマ風の器づくりに挑戦します。グリーンウッドワークという生木を削って暮らしの道具をつくる体験なんて、主催者の私もまだまだ初心者です。一緒になってグリーンウッドワークのものづくりをやりませんか。まだまだ募集していますので、申込ファームからお申込みください。皆様の参加をお待ちしています。

 

(12月15日グリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座「ニマ風の器づくり体験」申込フォーム)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSevRQVuB2jV9PkROShJJOGNhaja2gHZXDp9AODr7l0ssDEH2g/viewform?usp=sf_link

0 コメント

12月4日、森林ボランティア定例活動(玄倉集落の耕作放棄地の整備作業)

今日は、12月とは思えない暖かな陽気の中耕作放棄地となってしまった茶畑の伐採作業を行いました。

人の背丈よりも大きくなった茶木、その上にツルが覆い隠すように茂ってしまって、どこから作業を始めればよいのだろうかと思うほど右に左にへと枝を伸ばし放題。そんな茶畑の伐採を今日からスタート。期限は決まっていないのでゆっくりと作業をやっていきたいと思います。

 

作業を終えて、耕作放棄地近くからの道から遠くを望むと、こんな奥山で作業しているんだと実感しますね。

0 コメント

11月28日 森林体験(鹿島山北高等学校連携カリキュラム)

今日は、箒沢集落の森で森林体験(間伐、玉切り作業)を行いました。参加した高校生は4名。

 

最初に、今回除伐する場所の山の神さまに山に入るご挨拶と安全に作業できることのお願いを参加者全員で行いました。その後、講師の方から森づくりや水源地のことについて説明したから体験作業開始。

 

最初は皆さん、ぎこちなく受け口・追い口を鋸で作って伐倒していたのすが、午後間伐したヒノキを輪切りにするときには、鋸の使い方がみんな上手になっていました。

やっぱ若いっていいですね。おじさん臭いこといいますが、本当にそう感じますね。

高校生の皆さんと手入れすることで少しずつ森も地域も元気になっていくような気がします。

0 コメント

12月15日(土)のグリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座「ニマ風の器づくり体験」のご案内

「ニマ」とはアイヌ語で「くり鉢」を意味し、このニマという器を作る技法を指して通称「ニマ工法」と呼んでいます。柔らかい生木のうちに深皿なりの形を削る出す工法です。
今回は、西丹沢の水源地の森で間伐した広葉樹の生木を使ってニマ風の器をつくる体験を開催します。

一日中、削って、削って、ひたすら削って、最後に自分だけの味わい深い器を完成させることが出来ます。

前回のゴッホの子ども椅子づくりのように参加された方たちが削りながら日常のことを話したり、談笑しながら作業したり、真剣に削る場面もあったりとホンワカ~とした雰囲気のものづくり体験です。

 

【開催内容のご案内】

●開催日時:平成30年12月15日(土)09:30~16:00 ※雨天でも教室をお借りして屋内で開催します。

●開催場所:鹿島山北高等学校の教室(旧三保中学校校舎)

     住所:神奈川県足柄上郡山北町中川921-87

●募集人数:10名(原則として中学生以上)※定員に達し次第締切とさせて頂きます。

●参加費:3,600円(材料費、保険代、昼食代込み)

●講師:NPO法人グリーンウッドワーク協会理事長 小野 敦 

●主催:NPO法人足柄丹沢の郷ネットワーク 協力:NPO法人グリーンウッドワーク協会

●申込方法

 申込フォーム(googleフォーム)を開設していますので、そちらから申込ください。

  12月15日(土)ニマ風の器づくり体験申込フォーム(googleフォーム) 

 

 申込フォームをご利用出来ない方は下記メールまたはFAXに「氏名、住所、年齢、電話番号、メールアドレス」を

 記載して下記担当宛に送信してください。

 

●お問合せ先:NPO法人足柄丹沢の郷ネットワーク 事務局(担当 フクシマ)

 TEL:080-6106-0974 FAX:045-511-7568 メールアドレス:ashitan.net@gmail.com

 

※この活動は、平成30年度神奈川県もり・みず市民事業支援補助事業の助成を頂いて実施しています。

0 コメント

今年最後の森林ボランティア活動(定例活動)のお知らせ

平成30年も残り少なくなってきました。

今年一年お世話になった森や集落の皆さんに感謝を込めて、今年最後の定例の活動を

以下のとおり行います。

西丹沢の森で森林ボランティアをやってみたい方の参加も受付しています。

 

【活動日】平成30年12月26日(火曜日) 10:00~15:30

【活動内容】

   ①風倒木、枯損木の処理

   ②台風で折れた枝の処理

 

【お問合せ先】

  NPO法人足柄丹沢の郷ネットワーク 事務局(担当フクシマ)

    TEL:080-6106-0974

    E-mail:ashitan.net@gmail.com

   

 

0 コメント

12月15日(土)グリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座「ニマ風の器づくり体験」まだまだ募集しています。

今回、初めてニマ風の器づくりに挑戦します。グリーンウッドワークという生木を削って暮らしの道具をつくる体験なんて、主催者の私もまだまだ初心者です。一緒になってグリーンウッドワークのものづくりをやりませんか。まだまだ募集していますので、申込ファームからお申込みください。皆様の参加をお待ちしています。

 

(12月15日グリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座「ニマ風の器づくり体験」申込フォーム)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSevRQVuB2jV9PkROShJJOGNhaja2gHZXDp9AODr7l0ssDEH2g/viewform?usp=sf_link

0 コメント

12月4日、森林ボランティア定例活動(玄倉集落の耕作放棄地の整備作業)

今日は、12月とは思えない暖かな陽気の中耕作放棄地となってしまった茶畑の伐採作業を行いました。

人の背丈よりも大きくなった茶木、その上にツルが覆い隠すように茂ってしまって、どこから作業を始めればよいのだろうかと思うほど右に左にへと枝を伸ばし放題。そんな茶畑の伐採を今日からスタート。期限は決まっていないのでゆっくりと作業をやっていきたいと思います。

 

作業を終えて、耕作放棄地近くからの道から遠くを望むと、こんな奥山で作業しているんだと実感しますね。

0 コメント

11月28日 森林体験(鹿島山北高等学校連携カリキュラム)

今日は、箒沢集落の森で森林体験(間伐、玉切り作業)を行いました。参加した高校生は4名。

 

最初に、今回除伐する場所の山の神さまに山に入るご挨拶と安全に作業できることのお願いを参加者全員で行いました。その後、講師の方から森づくりや水源地のことについて説明したから体験作業開始。

 

最初は皆さん、ぎこちなく受け口・追い口を鋸で作って伐倒していたのすが、午後間伐したヒノキを輪切りにするときには、鋸の使い方がみんな上手になっていました。

やっぱ若いっていいですね。おじさん臭いこといいますが、本当にそう感じますね。

高校生の皆さんと手入れすることで少しずつ森も地域も元気になっていくような気がします。

0 コメント

12月15日(土)のグリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座「ニマ風の器づくり体験」のご案内

「ニマ」とはアイヌ語で「くり鉢」を意味し、このニマという器を作る技法を指して通称「ニマ工法」と呼んでいます。柔らかい生木のうちに深皿なりの形を削る出す工法です。
今回は、西丹沢の水源地の森で間伐した広葉樹の生木を使ってニマ風の器をつくる体験を開催します。

一日中、削って、削って、ひたすら削って、最後に自分だけの味わい深い器を完成させることが出来ます。

前回のゴッホの子ども椅子づくりのように参加された方たちが削りながら日常のことを話したり、談笑しながら作業したり、真剣に削る場面もあったりとホンワカ~とした雰囲気のものづくり体験です。

 

【開催内容のご案内】

●開催日時:平成30年12月15日(土)09:30~16:00 ※雨天でも教室をお借りして屋内で開催します。

●開催場所:鹿島山北高等学校の教室(旧三保中学校校舎)

     住所:神奈川県足柄上郡山北町中川921-87

●募集人数:10名(原則として中学生以上)※定員に達し次第締切とさせて頂きます。

●参加費:3,600円(材料費、保険代、昼食代込み)

●講師:NPO法人グリーンウッドワーク協会理事長 小野 敦 

●主催:NPO法人足柄丹沢の郷ネットワーク 協力:NPO法人グリーンウッドワーク協会

●申込方法

 申込フォーム(googleフォーム)を開設していますので、そちらから申込ください。

  12月15日(土)ニマ風の器づくり体験申込フォーム(googleフォーム) 

 

 申込フォームをご利用出来ない方は下記メールまたはFAXに「氏名、住所、年齢、電話番号、メールアドレス」を

 記載して下記担当宛に送信してください。

 

●お問合せ先:NPO法人足柄丹沢の郷ネットワーク 事務局(担当 フクシマ)

 TEL:080-6106-0974 FAX:045-511-7568 メールアドレス:ashitan.net@gmail.com

 

※この活動は、平成30年度神奈川県もり・みず市民事業支援補助事業の助成を頂いて実施しています。

0 コメント

今年最後の森林ボランティア活動(定例活動)のお知らせ

平成30年も残り少なくなってきました。

今年一年お世話になった森や集落の皆さんに感謝を込めて、今年最後の定例の活動を

以下のとおり行います。

西丹沢の森で森林ボランティアをやってみたい方の参加も受付しています。

 

【活動日】平成30年12月26日(火曜日) 10:00~15:30

【活動内容】

   ①風倒木、枯損木の処理

   ②台風で折れた枝の処理

 

【お問合せ先】

  NPO法人足柄丹沢の郷ネットワーク 事務局(担当フクシマ)

    TEL:080-6106-0974

    E-mail:ashitan.net@gmail.com

   

 

0 コメント

12月15日(土)グリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座「ニマ風の器づくり体験」まだまだ募集しています。

続きを読む 0 コメント

12月4日、森林ボランティア定例活動(玄倉集落の耕作放棄地の整備作業)

今日は、12月とは思えない暖かな陽気の中耕作放棄地となってしまった茶畑の伐採作業を行いました。

人の背丈よりも大きくなった茶木、その上にツルが覆い隠すように茂ってしまって、どこから作業を始めればよいのだろうかと思うほど右に左にへと枝を伸ばし放題。そんな茶畑の伐採を今日からスタート。期限は決まっていないのでゆっくりと作業をやっていきたいと思います。

 

作業を終えて、耕作放棄地近くからの道から遠くを望むと、こんな奥山で作業しているんだと実感しますね。

続きを読む 0 コメント

11月28日 森林体験(鹿島山北高等学校連携カリキュラム)

今日は、箒沢集落の森で森林体験(間伐、玉切り作業)を行いました。参加した高校生は4名。

 

最初に、今回除伐する場所の山の神さまに山に入るご挨拶と安全に作業できることのお願いを参加者全員で行いました。その後、講師の方から森づくりや水源地のことについて説明したから体験作業開始。

 

最初は皆さん、ぎこちなく受け口・追い口を鋸で作って伐倒していたのすが、午後間伐したヒノキを輪切りにするときには、鋸の使い方がみんな上手になっていました。

やっぱ若いっていいですね。おじさん臭いこといいますが、本当にそう感じますね。

高校生の皆さんと手入れすることで少しずつ森も地域も元気になっていくような気がします。

続きを読む 0 コメント

12月15日(土)のグリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座「ニマ風の器づくり体験」のご案内

続きを読む 0 コメント

水源地山北町でのグリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座「ゴッホの子ども椅子づくり体験」

11月17日(土)と18日(日)の二日間、神奈川県山北町丹沢湖にあります鹿島山北高等学校のグランドと教室をお借りしてグリーンウッドワークのゴッホの子ども椅子づくりを行いました。

 

初めて椅子づくり体験を行うので参加者が集まるか大変不安でしたが、つくば市や相模原市から3名の方が椅子づくりに参加して頂き、講師のグリーンウッドワーク協会の小野さん、柏さんと一緒に青空の下、皆さんと共に楽しく椅子づくりを行うことが出来ました。

 

一日目は、間伐したばかりのヒノキを割って、椅子の部材を削り馬でひたすら削って削って削りまくりです。

間伐したばかりの生木のヒノキは思った以上に削りやすく、ヒノキのいい匂いも漂ってきていい感じです。

一日目の昼食は、旅館落合館さんの「三保弁」。マスの甘露煮が美味いです!!

これを食するだけでも参加する価値ありですよ(*^^)v皆さん~。

ヒノキの削りくずもいっぱい。

続きを読む 0 コメント

11月14日 森林整備体験(鹿島山北高等学校連携カリキュラム)

11月の森林整備(間伐、玉切り)体験には、4名の生徒さんが体験に参加してくれました。

最初に講師の方から森づくりについて説明を行って、健全な森の水源涵養機能などについて説明をして、間伐等森を手入れすることの大切さ学ぶことからスタートです。

 

講師の方から「受け口」と「追い口」の作り方を学んでから、いざ実践!

伐り始めるとみんな真剣に手鋸を引いて、みんなで力を合わせて無事伐倒完了。

その後は、以前に間伐して乾かしていた間伐材を玉切りする体験をしました。

講師の方から作業前の安全な作業の仕方について説明を行い、安全のためのチャップスを装備してから電動のチェーンソーを使った玉切り体験を行いました。

玉切りした材は、1カ所に集材して本日の森林整備体験カリキュラム無事終了。

参加した生徒の皆さんお疲れ様でした。

今日の体験は、生徒さんたちにとっていい体験として記憶に残ることを祈っています。

 

学校の先生や講師の方、ありがとうございました。

 

続きを読む 0 コメント

10月20日のスプーンづくり体験

開催場所としてお借りした西丹沢の丹沢湖畔の鹿島山北高等学校、朝からお天気にも恵まれて青空の下でのスプーンづくり体験となりました。初めて体験する方や今回で3回目のグリーンウッドワーク体験の方など4人の方が体験に参加して頂きました。

今回使う樹木は、イロハモミジ、ケヤキ、シロダモの3種です。それぞれ木の特性で堅かったり柔らかったりといろいろですが、そんなことも体で感じながらガシガシと削っての作業となりました。

講師の小野さんやスタッフの加藤さんの指導で無事に生木でスプーンを完成させました。

最後に感想を参加者の方にお聞きしました。

「やり始めると時間を忘れて削ることに熱中してしまいました。」といった感想など、皆さん、グリーンウッドワークの奥深さや楽しさを感じて頂くことが出来ました。お疲れ様でした。

 

講師やスタッフの皆さん、ご協力頂きました地域の皆様、ありがとうございました。

 

次回のグリーンウッドワーク暮らしのものづくりは、11月17日(土)、18日(日)二日間でつくる「ゴッホの子ども椅子づくり体験」です。参加者募集中です。一日だけの体験参加も受付ます(※参加費用は二日間と同じになります。)。

続きを読む 0 コメント

グリーンウッドワークの楽しさを皆さんに!ゴッホの子ども椅子づく体験の参加費を6,000円に変更します。

続きを読む 0 コメント

10月10日、森林体験カリキュラム(間伐、枝払い、玉切り、集積)とスプーンづくり体験で使う間伐材の伐り出し作業

秋晴れの下、鹿島山北高等学校の森林整備体験を実施しました。参加者は東京都と埼玉県在住の生徒さんが参加してくれました。

本日の体験では、間伐・枝払い・玉切り・集積などの森林整備作業を体験しました。

続きを読む 0 コメント

11月24日(土)「作ってみよう!自分だけの鰹節削り器づくり体験in横浜」開催のご案内

続きを読む 0 コメント

11月17日(土)、18日(日)「ゴッホの子ども椅子づくり体験」のご案内

続きを読む 0 コメント

9月12日の森林体験カリキュラム(間伐、枝払い、チェーンソーで玉切り作業)

今回は高校生は2名の方が体験カリキュラムに参加してくれました。

今回から手鋸での間伐体験に枝払いとチェーンソーを使った玉切り作業もカリキュラムに加えて体験活動を実施しました。

この体験活動は、NPO法人足柄丹沢の郷ネットワークと鹿島山北高等学校、山林所有者の3者が連携協力して実施しています。)

 

 

続きを読む 0 コメント

10月6日は、薪づくり作業(玉切りした間伐材の運搬作業)

本日は、山北町玄倉の森で7月に玉切りした材を作業小屋まで運搬する作業。

続きを読む 0 コメント

10月20日(土)グリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座・スプーンづくり体験のご案内

続きを読む 0 コメント

鰹節削り器づくり教室in横浜(8月24日)

午後になって台風の影響の雨も収まって、講師の岩出信彦先生も無事に横浜市長津田地区センターに到着されましたので、第1回目となる鰹節削り器づくり教室in横浜を午後2時からスタートしました。

金曜日の平日ということもあってなかなか参加者が集まりませんでしたが、川崎から1組の親子での参加を頂きました。

 

 

続きを読む 0 コメント

9月の森林ボランティア活動の予定

続きを読む 0 コメント

7月26日山北町玄倉の草刈りと竹林整備

 猛暑も少し和らいだので朝から山北町玄倉に向かって集落の方からお借りしている作業小屋の周りの草刈りと茶畑近くの農道脇の竹林の整備を行ってきました。

続きを読む 0 コメント

丹沢で捕獲されるシカの命を無駄にしないものづくりと地域活性化の取り組みがスタート!

続きを読む 0 コメント

8月24日の鰹節削り器づくり体験教室のチラシ配布

8月24日に開催します「トントンカチカチ!やってみよう!作ってみよう!自分だけの鰹節削り器づくり体験教室」のチラシを作成したので、横浜市緑区の区民活動支援センターと長津田地区センターにチラシ配架のお願いに行ってきました。まだ参加に余裕がありますので夏休みの自由研究や親子での参加も受け付けています。

金曜日に伺って協力のお願いをしました横浜の蔦金商店から鹿児島県枕崎産の鰹節を入手して希望される方には販売したいと思っています。作ってみよう!

続きを読む 0 コメント

7月、2回目の鹿島山北高等学校森林体験カリキュラム

7月2回目の森林体験カリキュラムです。朝から猛暑。先生も学生の皆さんも暑さに少しバテ気味の様子でしたが、森林体験カリキュラムに参加してきました。今回からはNPOの森林ボランティア活動に参加した経験のある県の森林インストラクターの方が講師を引き受けてくれることになりましたので、私は講師のサポートにつきます。

今回は一人の生徒さんが森林体験に参加してくれました。講師の方からは写真を参照しながら水を育む森のこと、良い森と悪い森のこと、下層植生のこと、間伐等森林整備の大切さなど面白い話も交えながら説明を受けました。最初は不安そうでしたが話を聞いているうちに真剣な表情に。すばらしい!

1本のスギを一人の力で大部分を伐って最後は先生の力も借りて思ったところに伐倒することが出来ました。

倒れるときのドスンという大きな音に皆さん驚きと作業の大変さを感じてくれたと思います。

暑い中、皆さん本当にお疲れ様でした。

続きを読む 0 コメント

7月も鹿島山北高等学校の森活体験カリキュラムを実施します。

続きを読む 0 コメント

トントンカチカチ!やってみよう!作ってみよう!世界でたった一つ、自分だけの鰹節削り器づくり体験教室in横浜(8月24日)のご案内

続きを読む 0 コメント

5月29日の薪づくり作業

続きを読む 0 コメント

平成30年1月最初の森林ボランティア活動・薪材の運搬作業

0 コメント

11月26日箒沢集落でのお手伝い作業(枝打ち)と薪材の運搬

今日の作業はメンバーの木村さんと箒沢集落で森林整備のお手伝い作業(枝打ち)を行いました。その作業の間に薪ストーブ用の薪材の運搬作業を行いユーザー宅に納入しました。

続きを読む 0 コメント

11月5日、箒沢集落で「山里のお手伝い大作戦」(間伐作業)を行いました。

続きを読む 0 コメント

10月29日のグリーンウッドワーク講座森の色鉛筆づくり体験!(子どもゆめ基金助成活動)

10月29日(土)、朝から雨が降ったり止んだりの天候でしたが、松田町西平畑公園子どもの館で3年目となるグリーンウッドワーク講座「間伐材を伐って削って森の色鉛筆づくり体験」を行ってきました。ポツポツと雨が降る中、お父さんやお母さんが傘をさして子どもが濡れないようにしたり、お母さんやお父さんと一緒に「削り馬」に乗って力を合わせて色鉛筆づくり、親子で一緒に森の色鉛筆づくり体験を行いました。いつも最初は出足が遅いので講師の方と集まるか心配でしていましたが、結果24人の子どもたちがモノづくり体験に参加してくれました。

お父さんとお母さん、子どもたち皆が楽しい思い出として森の色鉛筆を笑顔で持ち帰って頂けました。講師のグリーンウッドワーク協会の小野さんや加藤さんありがとうございました。参加してくれたお父さん、お母さん、子どもたちの皆様、西平畑公園子どもの館のスタッフの皆様ありがとうございました。

続きを読む 0 コメント

10月22日の森林ボランティア活動・間伐材のロープ搬出作業

葉っぱが少しずつ色づいた玄倉です。今日も朝からユーシン渓谷に向かう人たちで駐車場も人もいっぱいです。そんな中、活動メンバーの石原さん、木村さんと私の3名は森づくり活動へ。

今日の作業は搬出作業と県の職員の方の現場確認です。

普段の間伐作業や下刈りなどの作業と違って搬出作業では重い材を持ったり引っ張ったりして全身の筋肉を使います。そのため疲労も大きくなって最後にはお疲れモードになってします。石原さん、木村さん本当にお疲れ様でした。

少しヒヤリとする場面もありましたが無事に降ろすことが出来ました。教訓:疲れているときこそ周囲の注意を怠ることなく安全第一で作業を行うことの再認識しました。皆さんお疲れ様でした。

続きを読む 0 コメント

10月16日の森林ボラ活動、「奥山里のお手伝い大作戦」活動中です!

続きを読む 0 コメント